ホームページと起業

起業を行ったばかりというのは0からの状態のことが多いので、まずは会社でどのようなことをしているのかを知ってもらうことが大切です。営業回りをしなければいけないような起業を立ち上げている方も多いでしょう。営業の時には少ししか話を聞いてもらえず、名刺を渡すことがやっとでも、後から連絡が来る場合もあります。そのときは相手の企業も、どのようなことを行っているのか詳しく調べるため、パソコンからホームページにアクセスをする可能性もあります。

初めに会ったときに聞ききれなかったことをホームページで調べ、自分の会社に興味を持ってもらえれば、その後、自分の会社の商品を取り入れてもらえるかもしれないのです。電話よりもホームページでアクセスして調べることができることは、気軽にできて簡単ですので、起業をしたばかりのときには特に上手に活用していくといいでしょう。

そして、ホームページを作るときにはリアルなビジネスに役立てられるものを作ることが大切です。気になっていただけの人が見ることによって買いたくなり、取り入れたくなるようなものを作る必要があります。このようなホームページができれば、営業時間外も有効な営業活動ができます。

ホームページの作成

まず起業をして、会社のことを知ってもらうためには、見る側が気軽に会社について検索できることが大前提です。今は会社ではもちろんのこと、家庭にも1台はパソコンや携帯電話がありそこからホームページにアクセスができるような時代ですので、ホームページを活用しないのはもったいないでしょう。営業時間外などでも、会社に誰もいないときに問い合わせたいことがあったときに、見る側としては24時間閲覧が自由にできるため、そこで疑問なども解決することができます。

取引などを行うときにも、事前にホームページで調べてイメージを理解してもらえているとスムーズな流れを作ることもできるでしょう。こちらとしても、会社に誰もいないような時間帯でも、24時間体制で情報発信が可能になるため、営業時間ではないのにも関わらず、広報活動も可能となるのです。今は疑問に思ったことがあったときに、辞書を開いて調べるというよりは、すぐにパソコンや携帯電話に向かい疑問になったことを検索して調べるような時代です。そのような感覚で、会社のことをもっと知りたいときには検索しアクセスしてくれます。

逆に今はホームページを持たない企業は少ないので、調べても出てこないと別の似たような会社にアクセスをして顧客が取られてしまう可能性もあります。起業をして自分の会社を知ってもらいたいときには、仕事をしている人の空き時間でもある夜中や早朝でも調べやすいホームページを作っておくといいでしょう。